会社沿革



  • 昭和23年
      現会長 賀谷敏彦が(有)山陽鍍金として設立
  • 昭和25年
      機械工場を併設、オ−トバイ部品製作
  • 昭和28年
      (株)山陽鉄工と名称を変更し、鍍金工場を廃止する
  • 昭和36年
      鉄構工場を呉市広町に建設、石川島播磨重工業(株)呉造船所の特別指定工場となり、造船部品の製作に従事、現在に至る
  • 昭和39年
      溶接用グラビテイ−を開発販売
  • 昭和41年
      溶接棒乾燥庫を開発販売
  • 昭和42年
      呉市阿賀町に本社工場を建設移転、三菱重工業(株)広島造船所の指定工場となる
  • 昭和50年
      呉市広町多賀谷町に多賀谷工場の敷地を購入、屋外クレ−ンを設置
  • 昭和57年
      多賀谷工場建設
  • 昭和58年
      左右兼用グラビテイ−(KSD)開発販売
  • 昭和61年
      グレ−チング受枠塗装開始
  • 昭和63年
      ホイストクレ−ン製作開始(多賀谷工場)−日本ホイスト(株)工事店−
  • 平成 2年
      陸上部門鉄工工事開始(多賀谷工場)
  • 平成 4年
      多賀谷工場拡充
  • 平成 5年
      NCプラズマ切断機導入
  • 平成 7年
      INTERNET接続・ホ−ムペ−ジ設置
  • 平成 8年
      NCプラズマ切断機2号機導入
  • 平成 9年
      INTENIC自社ドメイン取得(sanyokure.com)
  • 平成 9年
      B−UPロンジ自動溶接装置自社開発
  • 平成10年
      多賀谷工場NCプラズマ切断機導入
  • 平成10年
      自社開発イントラネットシステム稼働
  • 平成11年
      JPNIC自社ドメイン取得(sanyotekko.co.jp)
  • 平成14年
      ISO9001認証取得
  • 平成15年
      NCプラズマ400A切断機導入
  • 平成17年
      経済産業省推進事業「平成16年度IT経営百選」優秀賞選定(3月)
  • 平成18年
      ISO14001認証取得プロジェクトキックオフ(6月)
  • 平成18年
      NCプラズマ2号機500A切断機入替導入(8月)
  • 平成18年
      経済産業省推進事業「平成18年度IT経営百選」最優秀賞選定(10月)
  • 平成19年
      ISO14001認証取得
  • 平成20年
      経済産業省「IT経営力大賞2008」−IT経営実践企業認定
  • 平成20年
     「高年齢者雇用開発コンテスト」 厚生労働大臣表彰 特別賞受賞
  • 平成20年
      本社工場隣接地に約200坪の土地を購入、駐車場として整備し利用開始
  • 平成21年
      経済産業省「IT経営力大賞2009」−IT経営実践企業認定
  • 平成21年
      ISO9001、2008年度版更新


    ** BACK **